猿でもわかる、巧妙な営業電話を見分けるたった3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

巧妙な営業電話が増えてきたことにより、取引先からの電話なのか営業の電話なのかが分からなくなり、上長に繋いだ方が良いのか悩んでしまう担当者が増えてきています。

今回は巧みな営業電話かそれとも取引先からの電話かを見分ける方法をご紹介します。

これからは悩まずに済む!巧みな営業電話を見分けるたった3つのポイント

どの営業電話も共通することがあり、そこを電話先で感じ取れば、簡単に営業電話かどうかを確かめることが出来ます。

今回は営業電話を見分ける3つのポイントをご紹介していきます。

1.すぐ上長に繋ごうとしてくる

巧妙な営業電話を見分ける方法1

営業電話の一つのゴールはなるべく裁量権がある上の役職の方と話し、自分達の商品をアピールすることにあります。

そのため、特定の人物を名指しせずに、“〇〇の担当者の方にお願いします”というように担当者とコンタクトを取ろうとしてきます。

取引先であれば、連絡を取りたい相手先の名前は伝えるので、このような曖昧な言い方で担当者に繋ごうとしてくる方は営業電話である可能性が高いので要注意です。

営業電話の断り方で悩んでいる方はこちらもご覧ください。

・会社への営業電話の断り方で悩まずにすむたった1つの方法

2.電話口の後ろがざわついている

巧妙な営業電話を見分ける方法2

営業電話はコールセンターのような所からかけてくるケースが非常に多くあります。

そのため、電話のコール音や他の人の営業電話の声が電話に入り、騒がしい音が聞こえてきます。

この場合は殆どが営業電話ですのでご注意下さい。

3.トークがマニュアル的である

巧妙な営業電話を見分ける方法3

営業電話は決められたゴールがあり、それに向けて電話をかけてきます。

そのため、ゴールに向けてのトークマニュアルを作成している企業が多く、この対応が来たら次はこのように答えると決められています。

よって、会話が非常にマニュアル的で、対話をしているというような感じではありません。

非常に機械的な電話対応で、マニュアル的に話していると感じた場合は、営業電話の可能性が非常に高いので、丁寧に断り、電話を切りましょう。

営業電話を正しく見分けてスムーズな業務運営を

営業電話も日々変わってきているので、営業電話の対応に慣れている方でも、間違えてしまうケースがあります。

しかし、営業電話も根本の所はあまり変わってはいません。

そのため、今回ご紹介した方法を参考に営業電話なのか、それとも取引先からの電話なのか正しく見分け、スムーズな業務運営をしていきましょう。

関連記事

迷惑電話を撃退!業務効率の改善に成功したメーカーの事例

全く新しい営業電話の断り方。トラブルを防ぐ最新のシステムとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

迷惑電話対策の新しいカタチ
『トビラフォンBiz』

しつこい迷惑電話を自動でシャットアウト
ユーザーから収集した迷惑電話番号データでリストを随時更新
営業電話の対策で業務効率の改善

トビラフォンはトビラフォン契約者から迷惑電話番号の情報を管理サーバに送信します。
その情報を独自の迷惑電話防止技術を駆使することにより、トビラフォン契約者全体で着信拒否設定となる迷惑電話番号かどうかを判別します。(特許取得済)


お問い合わせはこちら

SNSでもご購読できます。