「営業電話がうざい」から解放されるために行う3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あの手この手でかけてくる営業電話に業務を妨害されるのは正直”うざい”ですよね。

営業電話で業務を妨害されると集中力が途切れてしまい、スムーズな業務運営に支障をきたすという方も多いのではないでしょうか。

今回は業務を中断させるうざい営業電話から解放されるための方法をご紹介します。

業務中断はこれで解決。うざい営業電話から解放される3つの方法

営業電話の対策は企業によって異なり、多種多様な対策方法があります。

今回は営業電話から開放されるために多数の企業が行っている3つの方法をご紹介します。

1. クライアントの電話番号を登録する

 

クライアントの電話番号を登録する

 

営業電話の対策としてクライアントの電話番号を登録するという方法があります。

これにより、営業電話かクライアントからの電話かをはっきりと見分けることができます。

電話番号を確認したうえで営業電話の可能性があれば、名前から名乗るのではなく社名から名乗りすぐに要件を聞き出し、営業電話だった場合は契約の意思がないことをしっかりと伝え電話を切ります。

この方法はクライアントの数が限られている個人事業主の方に有効な手段です。

2. 社内で共有して着信拒否設定にする

 

社内で共有して着信拒否設定にする

 

社内で営業電話番号を共有して着信拒否設定にするのも有効な手段の一つです。

着信拒否設定にすることで同じ会社からの営業電話がかかってくることがなくなるので、業務の中断は減ります。

この方法は社内で営業の電話番号をすぐに共有できる規模の小さな会社に効果的な手段となっています。

電話番号を共有してから着信拒否にするまで少し時間はかかりますが、確実にうざい営業電話の数は減ることになるのでお試しください。

3.  対策ツールを導入する

 

対策ツールを導入する

 

うざい営業電話を根本的に解決したい方は営業電話ブロックシステムを導入する方法もあります。

営業電話ブロックシステムでは、導入している企業にかかってきた迷惑な営業電話がリスト化されており、そこから電話がかかってきた場合は事前にブロックされます。

このシステムを活用すれば煩わしい着信拒否設定も不要で営業電話対策にかける時間が短縮可能です。

このシステムはクライアントの数が多い商社や、ブランディングの関係で情報サイトに自社の情報を掲載している大きな企業に有効な手段です。

うざい営業電話を根本的に解決したい方はぜひお試しください。

営業電話ブロックシステムの詳細はこちらでご紹介していますので、ご参照ください

全く新しい営業電話の断り方。トラブルを防ぐ最新のシステムとは

うざい営業電話から解放されスムーズな業務運営に

業務を中断させるうざい営業電話から解放される3つの方法はいかがでしたか。

企業の大きさや業種によって効果的な営業電話対策は変わってきます。

企業に合った対策で、うざい営業電話を減らしましょう。

営業電話の原因が知りたい方はこちらをご覧ください。

なぜ迷惑電話は多い?その原因と対処法の完全攻略ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

迷惑電話対策の新しいカタチ
『トビラフォンBiz』

しつこい迷惑電話を自動でシャットアウト
ユーザーから収集した迷惑電話番号データでリストを随時更新
営業電話の対策で業務効率の改善

トビラフォンはトビラフォン契約者から迷惑電話番号の情報を管理サーバに送信します。
その情報を独自の迷惑電話防止技術を駆使することにより、トビラフォン契約者全体で着信拒否設定となる迷惑電話番号かどうかを判別します。(特許取得済)


お問い合わせはこちら

SNSでもご購読できます。