固定電話でも出来る!着信拒否で迷惑電話を撃退する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

業務中に営業目的の迷惑電話やクレームの電話がしつこくかかってくることはありませんか?

固定電話をお使いになる企業の多くは、この迷惑電話に悩まされているのではないでしょうか。

そこで今回は、企業でお使いの固定電話に設定可能な電話トラブルの防止策をご紹介いたします。

最新システムで迷惑電話を着信拒否

大切なお客様や取引先から重要なやりとりを迷惑電話で邪魔されては、頭を抱えてしまいます。

しつこくかかってくる迷惑電話には着信拒否したいものですがその機能が備わっていない電話機が大半。

そこで、そんな問題を解決出来るのが当社の“トビラフォンBiz”です。

トビラフォンBiz”には3つの機能があります。

詳細は以下の動画でもご確認いただけます。

 

中でも今回は、迷惑電話防止フィルターの働きについてご紹介したいと思います。

迷惑電話防止フィルターを導入したお客様の声

トビラフォンを使用した方の声のアイコン

営業電話やクレーム電話が課題となっていた企業様からは次の様な声がありました。

  • 書類作成中に頻繁にかかってくる迷惑電話のせいで作業効率が落ちて困っていました。

  • 大事なお客様からの電話かもしれないので丁寧に対応しますが、実は迷惑電話でした。

  • 「うちは結構です!」と言うと大抵の人は電話を切ってくれるのですが、中には強情でなかなか電話を切ろうとしないしつこい迷惑電話に困っていました。

  • しつこい営業の電話とはいえ、暴言を吐くのは、会社のイメージを下げてしまいかねませんので、我慢して丁重にお断りした後もイライラして、仕事に集中出来ませんでした。

このように実際に働いている方々の声も挙がっており、業務に支障が出ているところは多く見受けられます。

しかし“トビラフォンBiz”導入により、「一度拒否登録すれば同じ番号からはかかってこないので作業効率が上がりました。」「お客様からの電話かどうかLEDの色で判断出来るので失礼のない対応が出来ます。」というように業務の課題を解決出来たという旨の声をいただいています。

では実際の業務でどのような機能が役立っているのかをご紹介します。

使いやすさにこだわった迷惑電話の拒否機能

“トビラフォン”とは、悪質な迷惑電話や営業電話から企業との取引の電話や顧客との連絡などの貴社にとって大切な時間を守ることが出来る迷惑電話フィルタです。

設定をすることで、着信番号の安心度が一目でわかるように色別で「安全」「注意」「危険」を知らせてくれます。

迷惑電話の着信拒否登録機能

ビジネスフォン用システムの迷惑電話フィルタ

着信拒否したい番号および許可番号は10,000件まで登録可能ですので、登録件数を気にすることなく設定出来ます。

その他、契約者が登録した迷惑電話の番号は管理サーバに送られるため、判別の結果から着信拒否の登録が多くあった番号は自動的に契約者全体に反映されるので被害防止も強化されます。

設置方法

ビジネスフォン用システムの接続方法

今お使いの電話機に直接接続して使用するため、わざわざ迷惑電話対策機能付きのものに買い替える必要がありません。

その分コスト削減にもなり、電話帳や短縮ダイヤル等の再設定をすることもなく、“どこの会社の番号を登録していたのか”“電話番号を忘れた”などといった問題にもつながりません。

複合機に設置することで迷惑FAXの拒否も可能です。

設置において手間がかからないところが大きなポイントです。

着信拒否で業務効率アップを狙う

いかがでしたでしょうか。

迷惑電話を着信拒否するだけで、毎日の業務効率も上がり社員の生産性も上がります。

また、必要な電話だけをとることが出来るのでビジネスチャンスを逃すこともありません。

ぜひ皆様の大切なお時間を効率よく使うために迷惑電話対策システムを導入してみませんか?

詳しい情報はこちらから

関連記事

・業務の効率化を実現!通話録音機能付きの電話機の3つの活用方法

・迷惑電話の強力対策!誰でも使いやすいビジネスフォン用迷惑通話ブロックシステムをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

迷惑電話対策の新しいカタチ
『トビラフォンBiz』

しつこい迷惑電話を自動でシャットアウト
ユーザーから収集した迷惑電話番号データでリストを随時更新
営業電話の対策で業務効率の改善

トビラフォンはトビラフォン契約者から迷惑電話番号の情報を管理サーバに送信します。
その情報を独自の迷惑電話防止技術を駆使することにより、トビラフォン契約者全体で着信拒否設定となる迷惑電話番号かどうかを判別します。(特許取得済)


お問い合わせはこちら

SNSでもご購読できます。