グランシエル法律事務所(大阪府) |迷惑電話対策ならトビラフォン

通話録音で記録を残し、電話での交渉も安心に。
防犯対策にも効果的。

グランシエル法律事務所 川口様(大阪府)

Profile

事業内容 法律事務所(交通事故、刑事事件など)
従業員数 3名(弁護士2名、事務員1名)
公式サイト https://grandciel-law.jp/
風俗トラブル専用サイト https://fuzoku-trouble.jp/

この事例のポイント

  • 重要な会話が日々交わされる法律事務所にとって、通話録音は大切な機能
  • 通話録音データは「言った・言わない」の水掛け論防止や、トラブル発生時の証拠になる
選定
容量豊富な通話録音機能で、後から会話を確認できて安心

ートビラフォンBizを導入しようと思ったきっかけは何ですか?
もともと、すべての通話を録音したいと考えていました。前に所属していた事務所でも、全通話録音のシステムを使っていました。独立した他の弁護士がトビラフォンBizを使っていると聞いたので、「私もそうしよう!」と思い、開業時からトビラフォンBizを導入しています。
ー ありがとうございます。導入の際に重視したポイントはありますか?
機能面では、管理画面で通話録音を確認し、すぐにダウンロードできるかどうかを重視しました。事務員さんでは対応できない電話の場合も、録音データをダウンロードしてあとから聞けばいいので便利ですね。録音可能時間の長さも重視しました。録音時間は多ければ多いほどいいと思います。全通話録音ならその都度録音しなくてもいいので、重要な会話があった場合でも安心です。
効果
法律事務所にとって、通話録音の重要性とは?

ー法律関係の業界だと、何らかの通話録音システムを導入している事務所が多いのでしょうか?
多いと思います。導入していないと、揉めてしまった際にのちの業務に支障が出てしまうこともあると思うので。

たとえば、書面で交わさずとも、電話での交渉で契約を成立できる場合もあります。その際、録音データがないと、あとから「言った・言わない」の水掛け論になってしまうことがありますが、録音が残っていれば立証できます。合意を証明するためには、通話録音システムはあった方が安心ですね。あとから聞き直したり、重要な通話はダウンロードしたりしています。
ー業界特有の活用方法があれば、教えてください。
私たちの業界だと、脅迫のような電話がかかってくる事例もあります。その際に通話録音をしていれば、データを警察に持っていき、告訴することもできます。もしもの時に、安全対策として通話録音は使えると考えています。
ーありがとうございました!

他の事例を見る

 
 

こちらの事例もご覧ください

事例をもっと見る