テレワーク、リモートワークを快適に続けるためには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
テレワーク、リモートワークを快適に続けるためには?

今回は、テレワークやリモートワークにおけるモチベーション維持の方法について、当社コールセンター業務スタッフが実際に行っていることも含めご紹介します。

テレワークで見えてくる現実

テレワークで見えてくる現実

働き方改革や、昨今の新型コロナウイルス感染症拡大防止策によりテレワークを導入されている方や企業が増えてきました。
実際に導入してみてみると「〇〇が大変だ」「思うように業務が進められない」など、意図していなかった問題に気付いたり、手を焼いたりするようなことが見えてきているようです。
今回は、実際にテレワークを導入した当社コールセンタースタッフが実行している「コツ」などをご紹介します。

 

 

テレワークでつまずくこと

テレワークでつまずくこと

初めてのテレワークはいつもと違った環境で不安になったり、人によっては逆にわくわくしたりすることもあるでしょう。
普段できない家事や用事、通勤時間が減った分なにかに割り当てられることもできます。
しかし、しばらくして慣れてくるとプライベートと仕事の区切りがつけにくくなっていることに気付きます。

  • リフレッシュする時間を取り忘れ思わぬ疲労がたまってしまう。
  • ついついテレビをつけてしまう。
  • 周囲の目がないためついついだらけてしまう。

総じて勤務時間の管理がうまくできなくなってしまうのが現実です。
慣れというものは怖いもので、これではメリハリがなくなってしまい業務に支障が出てきてしまいます。
メリハリをつけるためにはどうしたらいいのでしょうか。
当社スタッフが行っている対処法をいくつかご紹介します。

 

テレワークを続けるコツ

テレワークを続けるコツ

リマインダーの活用やタイマーを使っての時間管理、などはすでにされているかもしれません。
とはいえ、特に在宅勤務という選択肢を取られているかたは周囲の誘惑に負けがちです。
ちょっとしたことでメリハリをつけることもできますので、こちらを実践してみることをお勧めします。

  • 場所:プライベートでくつろぐような場所では仕事をしない
  • 作業環境:可能であれば良い椅子を用意する。
  • 気持ち:出社時と同じ身支度を整える。出勤時間や退勤時間を守る。
  • 誘惑:娯楽となりうるものは片づける。
  • 仕事に対する姿勢:日報の提出、成果報告などを意識する。

会社にいる時と同じような環境を作ることが大切です。
簡単に用意できるものではありませんが、長時間座ることになる椅子も大事です。
体に負担のかかりにくいものを選びましょう。

もうひとつ、普段会社での会話が多い場合は、在宅勤務の場合でも声を出す事を忘れないでください。
歌を歌う、でもいいでしょう。一人きりになる場合は気持ちが滅入りやすくなります。
業務に影響が出ない程度で、気分転換をすることが大切です。

 

最後に

最後に

会社にいるときは、人との会話やちょっとした買い出し、ランチ時間の確保など自然と気分転換の時間ができています。
テレワークにおいては、この無意識な気分転換がほとんと失われてしまい、いつの間にか精神的に疲弊してしまいます。
運動不足も大敵ですね、ラジオ体操や近所の散歩などたまにはいかがでしょうか。
どうしても難しい場合はコワーキングスペースの利用を考えるのもいいかもしれません。

一見自由度が増すと思われがちなテレワークですが、このように自身を律しないと思わぬ方向に転がっていってしまいます。
あえて会社にいるような感覚を呼び起こす行動をしてみてください。
きっと快適なテレワークライフが送れることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。