サイト内検索

経費とは?通話料金は経費になる?お悩み解決します!

経費とは?通話料金は経費になる?お悩み解決します!

個人事業主にとって何が経費になるのかというのは気になるところです。

「経費で落とす」という言葉はよく聞きますが、経費とはそもそも一体なんでしょう。

今回は経費についての解説と、通話料金と経費の関係についてご紹介します。

経費とは

経費とは

経費とは、事業を行い利益を出すためにかける費用のことを指します。

人件費や備品にかかる費用、取引先への移動交通費や打ち合わせのために使用した飲食店での食費などが当てはまります。

一人で外食をする場合は経費として認められませんし、取引先との打ち合わせ後に立ち寄ったお店での個人的な買い物なども経費としては認められません。

要するに、利益を生み出すために必要となった費用が経費として認められます。

業務上必要な新聞雑誌の購入費、インターネット通信費や電話の通話料も該当します。

では、経費として認められることで何が変わるのでしょうか。

 

経費になると何がどうなる?

経費になると何がどうなる?

事業が生み出す利益には税金がかかります。

税金の額はこの利益により変動しますが、基本的な考え方として利益が大きければ大きいほど税金の額は増加します。

逆に利益が小さければ小さいほど減少するということです。

経費は事業における支出になりますので、最終的に引き算されたものが利益となります。

経費が大きければ大きいほど利益もその分減少しますので、これに伴い税金も減少するという仕組みというわけです。

結果として節税に繋がるため、経費になるかならないかというのは事業にとって大事なことです。

 

通話料は経費になる?

事業の利益のために必要な通話料は経費として扱われます。
会社から支給されたスマホでの営業電話や、お問い合わせ対応なども事業に必要なものになりますので経費と見なされます。
BYOD(Bring Your Own device)を導入している場合は、少しややこしいものの仕事で使用した電話に関しては経費として認められます。

 

個人スマホを仕事に使用している場合は経費になる?

個人スマホを仕事に使用している場合は経費になる?

会社から通信費として手当が出ていれば問題ありませんが、個人事業主であったり、個人のスマホを職場でも使用しているとなると注意が必要です。

友人家族との通話、仕事上での通話、これらを正しく切り分けることができれば経費として認められますが、プライベートな通話の部分を経費としてしまうような不正があれば脱税と見なされますので、管理をしっかりしておく必要があります。

しかし、通話毎にメモを取ったり、計算をするのはとても煩わしいものです。
次は解決策をご紹介します。

 

アプリ型ビジネスフォンで解決

アプリ型ビジネスフォンで解決

この煩わしい問題を解決できるのはアプリ型ビジネスフォンです。

アプリ型ビジネスフォンを利用すれば、仕事用として使われた通話料なのかどうかを面倒な計算も必要なくきちんと切り分けることが可能です。

アプリはプライベートに使用しているスマホにインストールするだけで050番号を利用でき、通常の通話料とは区別して扱われます。

法人携帯の契約をする手間も省け、悩みもすっきり解消されるためお勧めです。

特に個人事業主の場合は、日常生活の費用との区別が大変であり、少しでも計算が楽になると助かるのではないでしょうか。

是非この機会にご検討ください。

2台持ち不要!手持ちのスマホだけでプライベートも仕事も切り分けます!

 

 

 

SNSでもご購読できます。