サイト内検索

電話の課題を自動で見える化。営業成績アップはダッシュボードで実現!

電話の課題を自動で見える化。営業成績アップはダッシュボードで実現!

自社の営業チームにおいて、 電話での営業活動やフォローアップがしっかり行われているか把握していますか?

ブラックボックス化しやすい電話業務は管理が難しく、企業が頭を抱えている課題です。

1回の架電で諦めていないか、大口案件を逃していないか、得意先を放置していないか、など目に見えないところにいくつも課題が隠れています。

今回は、通話における様々な情報を自動的に集約するダッシュボード機能を使って、課題を見える化し営業成績アップに繋げる方法をご紹介します。

電話が営業成績をアップさせる

電話が営業成績をアップさせる

電話での営業はいつの時代もなくてはならないものです。

現代においてはメールやWEB上の広告を使うことが無駄のない戦略に思えますが、実際のところはターゲット層に届いていなかったり、たくさんある営業メールから見つけてもらえなかったりする問題があります。

今も電話が重宝されているのは、ダイレクトにアプローチできるためです。

話し方や声のトーンなどのトークスキルが大きな割合を占める電話営業は、どの企業も指導やマニュアル作りに力を入れています。

一方、管理者はスタッフの営業成績そのものは数字で確認できても、電話対応については実体が掴みにくく指導や管理が行き届かないことがあります。

そんな課題を解決するのが、通話における様々な情報を集約できるダッシュボード機能です。
ダッシュボード機能で電話を管理し、営業成績を上げていきましょう。

 

担当顧客数から課題を見つけ出す

関係性の薄い顧客を明らかにし、フォローアップ回数を増加させ営業成績アップへと繋ぐには、次の機能を使って誰に対しどれだけ時間を費やしているかを見つけ出します。

「ユニーク呼数ランキング」機能
 -通話した顧客数の多さでユーザーをランキング表示

「ユニーク呼数ランキング」機能※画像はイメージです

たくさんの顧客を抱えているのにも関わらず、進展もなく成約に至らない場合、営業担当の架電数に対して成果が上がっていないのかもしれません。
「ユニーク呼数ランキング」で上位にいるのに成績が上がらない場合は、会話が続かずすぐに切られてしまっている可能性があります。
状況に合わせてトークスキルなどの指導が必要です。

 

通話時間から課題を見つけ出す

無駄に長電話をしているようであれば、改善することで業務効率が良くなります。
次の機能を使って、過剰に時間を費やしている顧客を見つけ出します。

「相手先別通話時間ランキング」機能
 -通話時間が長い相手先上位をグラフで表示

「相手先別通話時間ランキング」機能※画像はイメージです

同じ顧客との電話に費やす時間が多すぎるのはよくありません。
関係性が良いように見えますが、他の顧客対応に使う時間が少なくなってしまいます。
効率よく応対できるよう指導し、営業成績アップに繋げましょう。
また、トラブルが原因で何度も電話している可能性もあるため、営業担当に直接確認することも必要です。
精神的ストレスを取り除くことで営業成績アップへ繋がります。

 

進捗状況から課題を見つけ出す

商談の進捗状況をラベルで見える化することで、状況に応じた対応ができます。
「即対応」のラベルが多用されているのであれば担当を振り直すことで臨機応変な対応ができます。
次の機能を使って、進捗状況を確認します。

「外線ラベル利用状況」機能
 -各ラベルの利用状況をグラフで表示

「外線ラベル利用状況」機能※画像はイメージです

業務を抱えすぎて、即時対応ができない状態にあると、相手に不快なイメージを与えかねません。
通話ごとに貼られたラベルをグラフで確認し、早急な対応が必要なものは他のスタッフに振り分けるなどして臨機応変に対処していきましょう。
個人の負担を減らすことでストレスからも解放され、チーム全体の成績アップにも繋がります。

 

ダッシュボードで営業成績アップ

ダッシュボードで営業成績アップ

ダッシュボードは目的に合わせて利用することで、様々な電話業務の課題が見えてきます。

電話の見える化で、課題解決のための情報を得られます。

上記の例以外にも、自社の課題に合ったダッシュボードの活用法はたくさんあります。

普段気付かない課題を読み取れるダッシュボード機能で、自社の営業成績アップを目指しましょう。

ダッシュボード機能も搭載。トビラフォン Cloudはこちら

 

 

 

SNSでもご購読できます。