サイト内検索

携帯を法人契約するメリットとは?個人契約との違いや特徴を解説

コミュニケーション手段が増えている現代社会においても、リアルタイムで連絡可能でありさまざまな機能を持っている携帯電話は今なお最重要ツールです。社内で携帯を運用するにあたって「携帯の法人契約を検討している」「法人契約のメリット・デメリットを知ってから導入するかを決めたい」と考えている経営者や担当者もいるでしょう。

 

そこでこの記事では、携帯法人契約の概要を紹介します。法人契約するメリットやデメリットも紹介していますので、ぜひ最後まで読み進めてください。

 

携帯電話の法人契約とは

携帯電話の法人契約とは、会社や組織が法人名義でキャリアと携帯電話を契約することです。主に、株式会社や有限会社、各種団体などが対象となります。

 

法人名義で携帯電話を契約することで、コスト削減や専用機能などのメリットを多く受けられるため、法人格を持っている場合には法人契約がおすすめです。フリーランスや個人事業主は残念ながら法人契約の対象にはなりません。

 

法人契約と個人契約の違い

法人契約と個人契約の違いは、契約形態や料金プラン、サービス内容などにあります。個人契約との違いを理解した上で、法人契約とするか否かの検討を進めていきましょう。ここからは、法人契約と個人契約の違いを2点解説します。

 

契約形態・料金プラン

法人契約と個人契約の違いは、契約形態と料金プランにあります。法人契約では、専用のプランが用意されており、複数回線を契約する観点から個人契約よりも基本料金や通話料が安価です。個人契約に比べて月々の通信費用を低く抑えられる点は大きな違いでしょう。

 

法人専用のサービスを受けられる

専用のサービスを受けられる点も法人契約と個人契約の違いです。日報の作成や経費処理、スケジュール管理など、個人携帯にはない機能のサービスを受けることで、業務の効率性がアップするでしょう。

 

携帯を法人契約するメリット

会社や団体が仕事で使う携帯を従業員の個人契約から法人契約に変えることによって、コスト削減やセキュリティー向上、業務効率アップなどのメリットを得られます。そのため、仕事で携帯電話を使う際には、法人契約を結ぶことをおすすめします。ここからは、携帯を法人契約するメリットを5点解説します。

 

通信コストが安い

携帯を法人契約するメリットの一つは、通信コストを抑えられることです。携帯電話会社によってプランは異なりますが、法人契約をすることで契約している電話間での通話、すなわち従業員間の通話が無料となります。

 

契約台数や契約期間によっては、通常プランよりも料金が割り引かれることもあります。そのため、契約の際にはどのプランが最も経済的なのかを細かい点まで比較検討しましょう。

 

セキュリティーに関わるリスク軽減

情報漏えいなどセキュリティーに関わるリスクが軽減される点も、携帯電話を法人契約するメリットです。携帯電話には、社員や取引先の連絡先や業務上のやり取り、顧客情報などさまざまな情報が入っています。携帯を業務に用いる以上、セキュリティーには十分な配慮が必要でしょう。

 

法人契約をした携帯電話には、端末の一括管理や紛失時の遠隔ロック、ウイルス対策など、安全に携帯を使うための機能が数多く搭載されています。そのため、個人情報保護や情報漏えい対策にも効果的です。

 

経理作業がスムーズになる

携帯を法人契約することで、通信費に関わる経理作業がスムーズに進みます。社内携帯電話を個人契約している場合には、経理作業を一台ごとに行う必要があるため、業務が煩雑になりがちです。さらに、会社で携帯を支給しておらず、私用携帯で使った分を都度精算している場合には、業務とプライベートで使った通信費を分けて考える必要がありました。

 

しかし法人契約をすれば、契約している回線で一括精算が可能となります。一括精算することで、経理作業がスムーズに進むだけでなく、ミスの防止にもつながるでしょう。

 

さらに、法人契約をすれば通信費を経費として計上できるため、節税にもつながります。

 

便利な機能が数多く使える

法人契約をすると、携帯電話で仕事に役立つ便利機能が数多く使えるようになります。携帯電話会社によって内容は異なりますが、タスク管理機能やスケジュール管理機能、経費精算機能などが利用可能です。別にツールを用意したりアプリをインストールしたりせずとも業務効率化が実現される点は大きなメリットとなるでしょう。

 

また、独自のチャットツールを使えるようになるプランもあります。これにより、外出時やテレワーク時にも綿密にコミュニケーションが取れ、作業がスムーズに進んでいくでしょう。

 

社員の満足度向上

法人契約の携帯電話を支給することで、社員の満足度も向上します。私用携帯を業務に使うと、通信費の計算が煩雑になる、私用携帯の番号を取引先などに教えたくない、プライバシーがどこまで守られているのか不安になるといった不満を持つ社員も出てきます。

 

しかし、法人契約した業務用携帯を支給すればこれらの不満が解消され、従業員の満足度向上やモチベーションアップにつながります。また、私用携帯に仕事の電話が来なくなることで、休日や業務時間外は仕事のストレスから解放されやすくなるでしょう。社用携帯に電話がかかってくるケースもありますが、私用携帯にかかってこないことだけでもストレスは幾分か緩和されます。

 

携帯を法人契約するデメリット

携帯電話を法人契約することで得られるメリットはコスト面・実務面を含めてさまざまありますが、経費がかかる、管理の手間がかかるといったデメリットもあります。メリットとデメリットを比較した上で導入可否を決めましょう。ここからは、携帯電話を法人契約するデメリットを2点解説します。

 

経費が多く発生する

携帯電話を法人契約することで、会社として負担すべき経費が多く発生する可能性が出てきます。法人契約にあたっては、法人携帯を導入するイニシャルコストと運用のためのランニングコストが発生するため、短期的・長期的にどれだけの費用が必要なのかをしっかりと計算しましょう。そのためには、各社の料金プランを丁寧に比較検討してから携帯会社・プランを決める必要があります。

 

管理の手間がかかる

管理の手間がかかる点も携帯を法人契約するデメリットの一つです。基本的に、法人携帯は私用で利用することが許されない携帯電話です。そのため、社員がプライベートで無断利用しないための管理体制を整える必要があるでしょう。その上で、社員に対しての教育を行い、リテラシーを高めなければいけません。その手間がかかる点は、導入前に把握しておきましょう。

 

携帯の法人契約なら「トビラフォンCloud」がおすすめ

携帯の法人契約を検討している方におすすめのサービスは、「トビラフォンCloud」です。さまざまな業界で採用されており、仕事に便利な機能が数多く搭載されています。

 

ここからは、トビラフォンCloudの特徴を4点紹介します。

 

初期費用・運用費用が低額

トビラフォンCloudは低価格で導入可能であるため、コストを抑えたい方向けのサービスです。1セットに外線電話番号1番号、外線同時通話数2ch、内線番号数2番号と機能性が充実していながら、3,300円とリーズナブルな価格設定です

 

契約期間の縛りもないため、更新料を払う必要もありません。できる限り低価格で社用携帯を使いたい方に向いています。

 

スマートフォンを内線として活用可能

スマートフォンを内線として活用可能な点は、トビラフォンCloudが持つ大きな特徴です。スマートフォンに専用アプリをインストールするだけで、社用携帯や私用携帯をビジネスフォンとして利用できるようになります。

 

顧客電話帳共有機能や通話録音機能、内線機能、留守電機能なども搭載しているため、機能面で不自由することもないでしょう。外出時やテレワーク時にも、会社の電話番号で通話可能なのもメリットです。

 

社内の電話をすべて集約して管理できる

トビラフォンCloudでは、代表電話や各拠点での電話が一元管理できます。電話番号や通話内容を複数拠点間で共有することで、業務効率が大幅にアップするでしょう。さらに、発着信や通話時間をダッシュボードで管理・共有もすることもできます。

 

最短で翌営業日には利用スタートできる

契約後、最短で翌営業日には利用スタートできる点もトビラフォンCloudの特徴です。工事が要らないため、すでに社内で使っていたスマートフォンにアプリをインストールするだけで利用できます。運用までの手間が少ないため、急ぎの場合もスムーズに導入できるでしょう。

 

携帯を法人契約に変え社内体制を整えましょう

これまでに私用携帯を社用に使っていた場合や、支給携帯が個人契約になっていた場合には、契約形態を法人契約にすることでコスト削減や業務効率化が期待できるでしょう。携帯を法人契約とするメリットは数多くあるため、社内状況を考慮しつつ導入を検討することをおすすめします。

 

携帯の法人契約を考えている方は、ぜひトビラフォンCloudもご検討ください。低価格かつ、既存の電話をビジネスフォンとできるため、非常に導入しやすいサービスです。無料トライアルも行っていますので、気になる方はぜひお問い合わせください。

 

トビラフォンCloudのお問い合わせはこちら

SNSでもご購読できます。