サイト内検索

固定電話番号の取得はスマホでもできる時代に|おすすめのサービスを紹介

固定電話番号の取得はスマホ

業務の効率化に取り組んだり、新しく起業したりする際、ビジネスのための固定電話を持つべきか悩む方は多いのではないでしょうか。最近では固定電話を持たずにスマホをビジネスフォンとして使用する企業も増えていますが、携帯電話の番号は社会的信用を得にくいなど、少なからずデメリットもあります。

 

固定電話番号の取得方法はサービスによってさまざまです。そこで今回は、できるだけスムーズに、コストを抑えながら固定電話番号を取得したいと考えている方のために、スマホで固定電話番号を取得できるおすすめのサービスを紹介します。固定電話番号を取得するメリットや注意点なども解説するので、取得を検討している方は参考にしてください。

 

固定電話番号を取得するメリット

電話番号はビジネスを進めるなかで頻繁に使用する、必要不可欠なツールです。「プライベート用のスマホが1台あれば、会社用に固定電話を引く必要はない」と考えている方も多いかもしれません。

 

しかし、プライベートとビジネスという2つの利用目的を、1つの携帯電話番号でまかなうのは手軽な分、デメリットも大きいのが現実です。ここでは固定電話番号を取得するメリットについて確認していきます。

 

社会的な信頼を獲得できる

会社の固定電話番号を持っておくと、顧客から信頼を得ることが可能です。会社の電話番号が設定されていないと、顧客はどこに電話していいのかわからなくなってしまいます。会社のホームページに記載されている電話番号が携帯のものだと、「詐欺ではないか」「本当に会社を経営しているのか?」と不信感を抱かれる場合も少なくありません。

 

また、市外局番号を利用している会社のほうが、銀行融資やカードローンを組む際の審査で有利になりやすいです。社会的信用を得たいなら、固定電話番号を取得するのは必須といえるでしょう。

 

個人情報の保護に効果的

会社用の固定電話番号を設定することで、個人情報を保護できます。起業する際、名刺や会社のホームページに電話番号を掲載しますが、そこにプライベート用の電話番号を記載するのはあまり好ましくありません。

 

プライベートのスマホには個人情報が満載なので、使い方が多用になればなるほどセキュリティ上の不安も高まります。余計なトラブルに巻き込まれたり、悪質な電話がかかってきたり、営業時間外に対応しなければならなかったりする可能性も少なくないでしょう。

 

プライベート用と会社の電話番号を分けて設定しておけば、防犯にもつながります。

 

ビジネス用のLINEアカウントの運用に便利

最近では新規顧客やリピーター客の獲得、カスタマーサポートなどを目的として、自社の公式LINEアカウントを運用する会社も増えています。新しくLINEのアカウントを作る際は、いま登録している番号以外の登録が必要です。

 

新たなビジネスを始めたいと考えている方のなかには、アカウントをビジネス用とプライベート用に分けたいと考えている方も多いでしょう。ビジネス用のアカウントは同じ電話番号で作成できないため、固定電話番号があるとLINEの公式アカウントを新しく作成するときに役立ちます。

 

従来型の固定電話の課題

従来型の固定電話とは、主にNTTが提供するアナログ回線を利用した電話のことを指します。通話時の音質が良く、緊急通報電話に対応しているのがメリットである一方、課題も多いのが特徴です。

 

ここでは従来型の固定電話における課題について、導入・運用のコスト面も含めて紹介します。

 

開通までに時間がかかる

従来型の固定電話は開通工事や電話機の設置が必要なため、運用開始までに時間がかかるのが難点です。開通工事に加えて契約の手続きや日程の調整が必要なため、導入までに2〜3週間かかってしまうことも少なくありません。

 

すぐに番号を取得して運用し始めるのが難しいため、待機している間に流行や情報の流れに置いていかれ、ビジネスチャンスを見逃す可能性があります。

 

導入・運用コストが高い

従来型の固定電話を導入するときは、オフィス内に装置を設置するための工事費用や固定電話用の装置代などのコストがかかります。さらに、固定電話はスマホと比べてランニングコストが高くなりがちです。

 

東京-福岡や国内-海外のように、遠距離であればあるほど通話料が加算されます。また、受信した番号を別の電話番号に転送する場合、毎回3分ごとに52.5円ほどの手数料を取られてしまうのも難点です。

 

電話を転送するときは受信した側にも転送料が発生するため、電話が頻繁にかかってくると無駄に費用がかさんでしまいます。特に中小企業にとって、通信コストの高さは課題になるでしょう。

 

オフィスを移転する際の手続き・準備が面倒

固定電話は市外局番から電話番号が始まるのが特徴です。そのため、市外に引っ越して住所が変わった場合、電話番号を変更する必要があります。

 

オフィスを移転するうえで、現在のオフィスに固定電話用の装置を置いている場合はすべて取り外し、移転先でもう一度設置する作業が必要です。

 

移転先に設置する際も、専門業者に依頼する場合は追加で工事費用を用意しなければなりません。引っ越しのスケジュールに合わせてその都度手続きや日程の調整などが必要になるため、手間や時間がかかるのも課題です。

 

スマホで固定電話番号を取得できる?

結論からいうと、スマホで固定電話番号を取得することは可能です。固定電話と比べて導入コストを抑えられるため、中小企業やベンチャー企業では従来型の固定電話を持たず、利便性の高いスマホを活用するところも増えています。

 

ここからは、スマホで固定電話番号を取得する方法やメリットを紹介します。スマホで固定電話番号を使用する際の注意点も解説するので、導入を検討している方は参考にしてください。

 

スマホで固定電話番号を取得する方法

利用するサービスの公式サイトから、スマホあるいはパソコンを使って固定電話番号取得の申し込みを行います。申し込みの際は運転免許証やパスポートなどの本人確認書類、法人の場合は登記謄本、印鑑証明書などの画像のアップロードを求められる場合が多いです。

 

工事をする必要はなく、申し込みが完了したら開通するまで待つだけで楽に利用を始められます。開通したらビジネスフォン用のアプリをダウンロードし、申込時に選択した番号で開通処理を行いましょう。開通処理が終了すれば、その時点から固定電話番号の使用が可能になります。

 

スマートフォンで使える電話番号の取得サービスには、携帯電話番号のみの取得サービスも多く見られます。間違えないよう、最初に固定電話番号を取得できるサービスか確認しましょう。

 

導入するメリット

スマホで固定電話番号を取得すると、固定電話と比べて導入・運用のコストを大幅に抑えられます。アプリを使用することがほとんどなので、固定電話用の装置を設置したり、工事の日程を調整したりする必要がありません。また、固定電話だと別途費用がかかる通話料や転送料ですが、スマホを使用するサービスなら利用料金のなかに含まれていることが多いです。

 

個人で使用するスマホに固定電話番号から着信・発信できるサービスを利用すれば、固定電話機を購入する必要もないので、導入コストを節約できます。また、外出先でも固定電話の対応が可能になるため、電話を受け逃す心配もないでしょう。

 

今注目が集まっている場所に捉われない自由な働き方が可能になり、社員の満足度アップにもつながります。

 

導入するときの注意点

スマホを利用した固定電話サービスは、インターネット回線を通じてデータ化した音声を相手に送っているため、従来型の固定電話よりも音質が劣る可能性があります。インターネット回線の状況によっては通話が安定しない場合もあるため、注意が必要です。

 

スマホで固定電話番号を取得するなら「トビラフォンCloud」

スマホで固定電話番号を取得できるサービスには、さまざまな種類があります。その中でもおすすめなのが「トビラフォンCloud」です。

 

スマホを利用した固定電話取得サービスの利便性はもちろん、ビジネスシーンにおいてかゆいところに手が届くような「便利な機能」を搭載しています。ここからはトビラフォンCloudの特徴や、便利な機能について紹介していきます。スマホで固定電話番号を取得したい方は参考にしてください。

 

オプションの追加で固定電話番号を使用できる

トビラフォンCloudで使用できるのは、基本的に050で始まるIP電話番号ですが、オプションを追加することで固定電話番号を使用できるようになります。

 

現在利用している会社代表番号を変更せずにそのまま引き継げるので、番号を登録しなおす必要はありません。アプリをスマホにインストールすれば、個人のスマホを固定電話として利用できるため、固定電話用の機材の購入や工事のための日程調整も不要。コストの削減につながるのが嬉しいポイントです。

 

最短で翌営業日に開通

設備投資や工事が一切不要のため、申し込んだらすぐに利用できるのがトビラフォンCloudの魅力です。通常のスマホや固定電話の利用プランでは一般的な契約期間の縛りがないため、いつ契約を解除しても違約金が発生しません。

 

利用した分の月額料金を支払えばいいだけなので、気軽に始められます。ややこしく感じがちな通信回線費用やリース契約などがなく、料金形態が明確でわかりやすいのも特徴です。

 

通話中の音声を自動で録音

電話の対応中は話を聞くことに必死になってしまい、「電話の内容を忘れてしまった」「出先だったのでメモが取れなかった」といったケースも少なくありません。しかしトビラフォンCloudには、通話の自動録音機能があるので、重要な話を聞き逃してしまっても音声を再生して確認すればトラブルを未然に防ぐことが可能です。

 

音声は自動で録音されるので、出先でメモが取れない場合も安心です。再度相手に電話をかけなおして確認する手間を減らせるため、手間の削減だけでなく、顧客へ失礼な対応をすることも防げます。

 

また、一般的な電話と同じように留守電・留守録にも対応しているので、営業時間外の電話に対しても取りこぼしを減らせるでしょう。

 

自動で発信元の特定ができる

電話の着信時、相手が誰なのかわからないことも多いのではないでしょうか。トビラフォンCloudは未登録の番号からの着信でも、500万件以上の電話番号情報から自動で発信元を特定する機能が搭載されているため、着信相手を識別でき、電話に出るか出ないかの判断が容易です。

 

迷惑電話リストに該当する約3万件の番号も、登録不要で自動ブロックしてくれます。自動で発信元の特定ができ、迷惑電話は最初からブロックしてくれるので、仕事に必要な電話だけ受けることが可能です。不要な電話に時間を取られる心配がないため、仕事の効率もアップするでしょう。

 

固定電話番号はスマホで取得が便利

ビジネスシーンで必要な信用を得るために、固定電話番号の取得は必須といえます。しかし、従来型の固定電話を導入するのは手間やコスト、時間がかかってしまうのでためらってしまう方は多いでしょう。

 

固定電話のデメリットが気になる方は、スマホでの固定電話番号取得サービスを利用するのがおすすめです。導入・ランニングコストを抑えやすいため、経費の削減に役立ちます。また、スマホで固定電話の発着信ができるので、場所に捉われない働き方の実現も可能です。

 

固定電話番号をスマホで取得するのにおすすめなのがトビラフォンCloud。最短で申し込みの翌営業日に開通し、契約期間の縛りもないため思い立ったらすぐに使いはじめられます。標準的なビジネスフォンの機能はもちろん、さまざまなシーンで役立つ便利で多彩な機能を無料で使えるのも特徴です。

 

スマホで固定電話を使えるようにしたいと考えている方は、ぜひトビラフォンCloudの導入をご検討ください。

SNSでもご購読できます。