もう悩まない!迷惑電話対応の無駄な時間を減らす3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

迷惑電話の対応に悩んでいる企業におすすめの、迷惑電話への対応の方法をご紹介します。

不毛な対応で無駄な時間が発生してしまっているという方は参考にしてみてください。

これで安心!煩わしい迷惑電話をシャットアウト

電話対応は3コール以内に!などのように素早く出ることがセオリーになっており、迷惑電話だと知らずに出てしまう方がほとんどでしょう。

迷惑電話に時間を取られないようにする対応として、次の2つをポイントとして取り上げてご紹介します。

  • かかってきた電話を早く切り上げる方法
  • 電話がかかってくる前にシャットアウトする方法

すぐに試すことが出来るものもありますのでぜひ取り入れてみてください。

電話を早く切り上げる社内教育の実施

電話を早く切り上げる対応の社内教育

営業電話などの迷惑電話はすぐに切りたいものですが、早く終わらせたいがために「忙しい」「いらない」などの理由を相手に言ってしまっていませんか。

その場限りの断り方をしてしまっては、違う言い回しを使って何度も電話をかけられてしまい商談話をついつい聞いてしまう羽目になりかねません。

丁寧に断る理由を話したり、相手の話を聞いたりせずに、はっきり「迷惑」と一言で切り捨てることが大事です。

明白な意思表示で営業電話を早く切り捨てることが出来るよう社員への教育をまず初めに行うことで、迷惑電話への対応をスムーズに行うことが出来ます。

特定商取引法第17条では

第17条事業者は、電話勧誘をされても契約締結をしないことを、意思表示した消費者に対して、契約締結について勧誘をしてはならない。

違反したら・・・指示(22条)・業務停止(23条) 引用:解約どっとネット

と決まっているように、一度断りの意思表示を行うと再度営業をすることが出来ません。

これに違反すると罰せられることになっているため、明白な意思表示で簡単に迷惑電話を撃退することが大事です。

警察に相談する

警察への相談

 

営業の電話を一方的に断ると、たまに怒りを表す場合があります。

その時はすぐに電話を切って警察に相談しましょう。

これは立派な脅迫罪、そして営業妨害罪で訴えることが出来ますし、相手の電話番号と可能であれば会社名と担当者の名前を控えておくと通報後もスムーズに対応出来ます。

一度警察が絡むと、迷惑電話をかけてくる人は激減する可能性があるので迷惑電話の撃退におすすめです。

ただ警察が絡むと、その分処理に時間がかかってしまいますので、担当者が時間をとられてしまうというのは覚悟のうえで行いましょう。

迷惑電話フィルタ機器を導入する

迷惑電話フィルタの導入

何度も何度もかかってくる迷惑電話は、フィルタをつけることで根本からブロックすることも可能です。

電話の対応に追われる時間がもったいない、取引先との電話と迷惑電話の区別がつかずに臨機応変に対応出来ない、毎日のことで警察に相談しづらい、などの場合は迷惑電話フィルタが有効だと言えるでしょう。

最新の迷惑電話フィルタシステムについては以下の記事でご紹介しています。

迷惑電話判定を一瞬で!電話トラブルを防ぐ秘密

必要な時間を会社のためだけに

ご紹介した方法の前半2つは今すぐにでも実践出来る迷惑電話の対応方法です。

しかしいずれも電話を受けた人自身が迷惑電話の対応をしないといけないので心身に負担がかかる可能性があります。

最後にご紹介した迷惑電話フィルタは導入直後から迷惑電話がかかってくる確率が一気に下がるので、社員の負担にもならず安心して業務を進めることが出来ます。

迷惑電話フィルタについてより詳しく知りたい方はこちらのページをご参考にしてください。

全く新しい営業電話の断り方。迷惑電話も防ぐ最新のシステムとは

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

迷惑電話対策の新しいカタチ
『トビラフォンBiz』

しつこい迷惑電話を自動でシャットアウト
ユーザーから収集した迷惑電話番号データでリストを随時更新
営業電話の対策で業務効率の改善

トビラフォンはトビラフォン契約者から迷惑電話番号の情報を管理サーバに送信します。
その情報を独自の迷惑電話防止技術を駆使することにより、トビラフォン契約者全体で着信拒否設定となる迷惑電話番号かどうかを判別します。(特許取得済)


お問い合わせはこちら

SNSでもご購読できます。