転送するのは時代遅れ?ビジネスフォンの新しい使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

転送機能のついたビジネスフォンの導入を検討中の方!ちょっと待ってください!

ビジネスフォンの転送機能で、用件を担当者に転送すればやりとりもスムーズで問題解決だとお思いの方、担当者が電車で移動中だったり打ち合わせ中のときはどうしますか?

今回は、担当者がどこにいても何をしていても用件を正確に確認出来る、ビジネスフォンの新しい使い方をご紹介します。

転送機能はもう時代遅れ。通話録音付きの最新ビジネスフォン

ビジネスフォンによくある転送ではなく、より便利に利用出来る通話録音機能が付いたビジネスフォンをご紹介します。

通話録音機能を活用することで、どのようなメリットがあるのでしょうか?

伝言ゲームにならずに済む

伝言ゲームにならずに済む

ビジネスフォンによくある転送機能を用いれば担当者に直接電話を転送出来ますが、もし席を外していた場合はどうでしょうか。

先方をお待たせしてしまうだけでなく、内容を再度聞き直してお時間を取らせてしまいかねません。

録音機能があるビジネスフォンを使えば、担当者が席を外していても、対応した会話を聞き直すだけで済むので担当者にどんな依頼があって連絡をしてきたのかをそのまま伝えることが出来ます。

例え、伝言を承っていても、頻繁に電話対応を行っている会社だと、伝え漏れがあるかもしれません。

正確な情報を伝えるためには、会話自体をそのまま聞き直せるビジネスフォンの録音機能がおすすめです。

緊急事態にも混乱せずに対応出来る

緊急事態でも混乱しない

外回りが業務の大半を占めることが多い営業マンは、電話対応は帰社してからといったことが多いと思います。

また、いくら社内の人間が代わりに対応したとしても、直接の担当者にしか分からないことも多々あるでしょう。

しかし、中には急ぎで対応しなければならない事態も起こり得る場合があります。

その場合には素早く正確に物事の状況を対応可能な社員に伝えなければなりません。そんな時にビジネスフォンに録音機能があれば、緊急事態の時も社員全員に会話の内容をそのまま伝えることが出来て混乱を防ぎます。

何が正しい情報か、間違った情報かを判断出来るので、正確な情報をスムーズに伝えることが可能です。

引継ぎも対応可能

伝言ゲームにならずに済む

ビジネスフォンの転送機能はその時だけの一時的な会話になり、その時の担当者しか知りえない情報も少なくありません。

しかし、会社員は異動や転勤などで環境が変わることが多くあり、引継ぎをしなくてはならない場面にも出くわすでしょう。

そんな時に録音機能付きのビジネスフォンを活用すれば、お客様との商談内容を後任の者が確認したり、取引相手の声や特徴を録音でそのまま確認することが出来ます。

資料などである程度の情報は引き継ぐことが出来ると思いますが、過去にあったトラブルや不安材料など過去を遡って確認出来るなど、お客様の満足度を高めることにも繋がります。

転送よりも正確な業務をビジネスフォンで

ビジネスフォンの一時的な転送だけでは叶うことのない、ビジネスフォンの新たな活用方法をぜひお試しください。

また、ご紹介したビジネスフォンの録音ですが、ネットがあればどこでも確認出来るシステムが搭載された最新のビジネスフォンも展開されていますので、自社に合ったビジネスフォンをお選びください。

ビジネスフォンの使い方は、こちらでも詳しく紹介していますのでぜひ参考にしてください。

営業マンの成約件数が3倍アップする通話録音の活用方法

合わせて読まれている記事はこちら

・迷惑な営業電話を撃退して業務効率を向上させた総合病院の事例

・ビジネスフォンの導入で生産性が5倍向上した通信系販売企業の事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

通話録音でトラブルを防ぐ
『トビラフォンBiz』

外出先でも依頼や発注を簡単に確認
「言った・言わない」の争いを防ぎコンプライアンスを強化
応対を社内で共有しオペレーターのスキルアップ

発信側着信側双方の通話内容をクラウドサーバーに録音します。
音声ファイルはMP3形式で保存されますので、WindowsMacなどの汎用プレーヤーでも簡単に再生することができます。


お問い合わせはこちら

SNSでもご購読できます。