ビジネスフォンで会社を変える。役割とメリットをわかりやすくご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

多数の企業が導入しているビジネスフォン。

導入したことにより、企業の生産性の向上や、スマートな働き方が実現するとあって、今注目を集めています。

今回はそんなビジネスフォンを導入することのメリットについてご紹介します。

ビジネスフォンの導入を検討している企業の担当者様は、自社の様子と重ね合わせながら参考にしてみてください。

会社を変える。ビジネスフォンのメリットとは

外出先での電話イメージ

ビジネスにおいてコミュニケーションの効率化は売上に大きな影響を与えます。

社内、そして社外との連絡の要である電話機をビジネスフォンにすることで、どのようなメリットがあるのでしょうか?

ビジネスフォンの役割や機能と一緒にご紹介します。

メリット(1) 通信費の削減

削減のアイコン

一般的な電話だと一つの回線で使えるのは一つの電話機だけです。

そのため複数人からの電話を受け付けるときは、複数台の電話回線が必要となり、費用が高くついてしまうという現状を抱えている企業も多いのではないでしょうか。

しかし、ビジネスフォンでは一つの電話回線の契約で社内の複数ある電話機で対応することが可能です。

それにより、必要最低限の電話回線の契約で済むため、電話費用の節約に繋がるという大きなメリットがあります。

また、ビジネスフォンでは、代表番号にかかってきた電話も、全ての部署につなげられるので効率的な連絡網を形成する役割を担うことが出来ます。

メリット(2) 内線通話で業務効率アップ

業務効率アップのアイコン

内線通話機能とは、社内の離れたところにいる社員と通話することが出来る機能です。

内線通話を使用すれば、部署やフロアが異なる社員との通話もよりスムーズになりますし、内線を使用すれば通話料金が発生することもありません。

メールではなくすぐに返答が可能な内線通話を使用すれば、担当者の所に移動する時間的コストを削減することが出来るので、業務が効率化し生産性が向上します。

企業にとって社員の生産性の向上はとても大きなメリットです。

メリット(3) 転送機能を使ったスムーズなやりとりを可能にする

 

スムーズなやり取りのアイコン

ビジネスフォンには社外からかかってきた通話を他部署に転送出来る転送機能というものがあります。

電話の受付担当者がいる場合や、自分の担当していない業務の取引先からの電話があった場合、相手からの返答に迷ってしまったり、全て詳細にメモをとることが難しくなったりと電話対応には課題が付きまといます。

転送機能を使用すれば、すぐに担当者に繋ぐことも出来るため相手を長時間お待たせしてしまうこともありません。

また、社外からかかってきた電話を社外にいる社員に転送することも可能な、インターネット環境下で使用できるビジネスフォンもあります。

営業マンの多い企業ではこの機能を使用することで業務をスムーズに進めることが出来るというメリットもあります。

 

メリット(4) 番外編

さらに通話録音機能などがついたビジネスフォンを利用すれば、通話内容の確認も可能になり言った言わないのトラブルにも即座に対応ができます。

外出先や管理画面などで確認ができる機能を持っていることもメリットのひとつです。

営業マンだけでなく、あらゆる部署間でのやりとりもスムーズになることも生産性の向上につながるのではないでしょうか。

 

ビジネスフォンの新しいカタチ

近頃ではアプリ型のビジネスフォンの存在も見逃せません。

あらゆるビジネスフォンの機能を兼ね備えたお手軽なツールになっています。

トビラフォン Cloudであればコストも抑えられ利用者同士であれば内線に費用がかからず、転送にも使えます。

ビジネスフォンがもたらすメリット、様々なカタチでの導入が可能な時代となりました。

業種や規模に関わらず選択肢が増えてきた今、何を選びますか?

 

ビジネスフォンを使って会社を中から変えていく

今回はビジネスフォンのメリットについてご紹介しました。

ビジネスフォンを導入することで、通信費の削減、業務の効率化、スムーズな取引先とのコミュニケーションを生み出すことが出来ます。

ビジネスフォンを活用し、社内の生産性を上げてみてはいかがでしょうか。

更に詳しく見てみる

トビラフォン Cloudの詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

通話録音でトラブルを防ぐ
『トビラフォンBiz』

外出先でも依頼や発注を簡単に確認
「言った・言わない」の争いを防ぎコンプライアンスを強化
応対を社内で共有しオペレーターのスキルアップ

発信側着信側双方の通話内容をクラウドサーバーに録音します。
音声ファイルはMP3形式で保存されますので、WindowsMacなどの汎用プレーヤーでも簡単に再生することができます。


お問い合わせはこちら

SNSでもご購読できます。