サイト内検索

クラウドPBXの評判が良い理由とは?おすすめサービスも紹介

複数の拠点を持っている企業やコールセンターを抱えている企業にとって、PBXの導入は必須です。近年では従来型のPBXだけではなく、既存のスマートフォンやタブレット、PCを活用するクラウドPBXの人気も高まっています。

 

そのような中、「クラウドPBXの具体的な評判を知りたい」「サービスごとに特徴を知ってから導入検討をしたい」といった考えを持っている方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、クラウドPBXの基礎知識や評判が良いサービスについて解説していきます。ぜひ最後まで読み進めてください。

 

クラウドPBXの特徴や基礎知識について

クラウドPBXのPBX(Private Branch eXchange)とは、内線電話の仕組みを表す言葉であり、「構内交換機」や「構内電話交換機」を指しています。PBXにはいくつかの種類がありますが、その中でもクラウドPBXは、PBXをクラウド化したうえでインターネット上にて内線・外線通話や通信を行うサービスのことです。

 

ここからは、クラウドPBXの特徴について2点解説します。

 

既存端末を簡単にPBXとして利用できる

クラウドPBXの特徴は、会社で支給しているスマートフォンやタブレットなどの既存端末をPBXとして利用できる点です。ビジネスフォンに必要な機能を十分に備えているPBXであるため、顧客電話帳の共有や通話の録音、内線機能、留守電機能など基本的な機能は標準搭載されています。

 

新たに端末を購入する必要がなくコストが抑えられるため、スムーズにテレワークを導入したい企業にもおすすめのシステムです。

 

導入の手間がかからない

導入の手間がかからない点もクラウドPBXが持つ特徴の一つです。クラウドPBXは契約後すぐに導入できるサービスであり、実際に使えるようになるまでに1週間かからないことがほとんどです。

 

また、電話設備や配線などの機器の設置が不要なため、基本的には工事も不要です。手間も少なくすむ点がメリットとして挙げられるでしょう。

 

自社に合ったクラウドPBXを選ぶコツ

企業のIT化が進んでいることから、多くのメーカーがさまざまなクラウドPBXサービスをリリースしています。そのため、自社に合ったクラウドPBXをどのように選ぶかの選定基準が大切になってくるでしょう。

 

ここからは、自社に合ったクラウドPBXを選ぶコツを3点解説します。

 

導入目的をはっきりさせる

クラウドPBXを選定する際には、あらかじめ導入目的を明確にしておきましょう。目的もなく「なんとなく取り入れた」ということでは、導入コストと運用コストが無駄になってしまいます。

 

「業務効率化を図りたい」「顧客からの電話をコールセンターでスムーズに受け取れるようにしたい」など、クラウドPBXによって何を実現したいのかをミーティングなどを通して明確にしておくことが重要です。

 

複数サービスから機能・料金比較をする

複数のサービスを比較検討し、機能や料金のバランスが取れているか、自社にとってデメリットがないかなどを確認することもクラウドPBXを選ぶうえでは重要です。自社の目的や使いたい機能をピックアップしたうえで、複数のサービスから情報を集めるように心がけましょう。

 

費用を比べる際には、金額以外の条件を揃えて相見積もりを取ることも効果的です。

 

無料トライアルを試してみる

提供されているクラウドPBXサービスによっては、無料トライアルが実施されているケースもあります。カタログスペックによる比較だけではなく、実際に使ってみることで、使用感や具体的な運用方法が見えてくるでしょう。

 

評判が良いクラウドPBXサービス7選

多くのクラウドPBXサービスが市場に出ているため「どのサービスを選べば良いのかわからない」と考えている方も多いでしょう。

 

そこでここからは、評判が良いクラウドPBXサービスを7つ紹介します。

 

ひかりクラウドPBX

ひかりクラウドPBXは、NTT東日本が提供しているクラウドPBXです。独自アプリを用いて既存スマートフォンの内線化がスムーズに進められる点が特徴と言えるでしょう。外線通話を利用する場合には、ひかり電話サービスへの加入が必要となるため注意が必要です。

 

10IDパックプラン(IP電話機3台・スマートフォン3台利用)を利用する場合には、月額料金20,955円(税込)、初期費用24,750円(税込)が目安です。

 

CLOUD PHONE

CLOUD PHONE は、Wizが提供しているクラウドPBXで、コールセンターにおける電話転送やテレワークの導入を円滑に進めてくれるサービスです。関東圏だけでなく、全国14都道府県の市外局番や050番号を取得できるため、国内で3,000社以上の企業によって導入されています。

 

基本料金は1アカウントごとに月額550円(税込)、管理システムが月額7,150円(税込)です。

 

モバビジ

モバビジは、クラウドテレコムが提供しているクラウドPBXです。音声品質確保型サービスを日本で唯一提供しており、音質に関して高いクオリティーを誇っている点が特徴と言えるでしょう。固定電話に近い安定した通話を求めている方におすすめのサービスです。

 

導入コストや運用コストを抑える取り組みを多数行っているため、価格面については別途問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

クラコールPBX

クラコールPBXは、三通テレコムサービスが提供しているクラウドPBXです。導入すると専用管理画面からの操作が可能であり、任意のタイミングでいつでも自由にシステム内の設定ができます。テレワーク時に自宅などでオペレーターの管理をしたい際にはぜひ活用してはいかがでしょうか。

 

初期費用は0円、サービス基本料は1ユーザーあたり月額980円(税抜)です。6ユーザー目以降は、基本料無料となる点もメリットと言えるでしょう。

 

BIZTELビジネスフォン

BIZTELビジネスフォンは、リンクとブライシスが共同で提供しているクラウドPBXであり、APIとの連携による電話応対の自動化などが魅力のサービスです。

 

特にベンチャー企業においては、新たな部署の立ち上げやオフィスレイアウトの変更などが行われるケースが多いでしょう。BIZTELビジネスフォンであればそのようなシチュエーションにも柔軟に対応可能です。

 

ライトプラン(内線番号数40・外線番号数1)では、月額料金21,000円(税抜)、初期費用50,000円(税抜)が目安です。

 

INNOVERA

INNOVERAは、プロディライトが提供しているクラウドPBXです。転送機能や保留機能、グループ着信機能など基本的な機能が備わっているだけでなく、CRMなどさまざまなクラウドサービスと連携できるため、社内のシステム化を図っている企業におすすめと言えるでしょう。

 

緊急時の従業員への一斉音声発報にも対応しているため、いざというときの備えにもなります。料金については、希望条件等をベースとして個別に見積もりを出してくれます。

 

トビラフォン Cloud

「トビラフォンCloud」は、トビラシステムズが提供しているクラウド型PBXです。導入するだけで元々使っていたスマートフォンをビジネスフォンとして業務利用できるため、利便性が非常に高い点が特徴と言えるでしょう。

 

月額たったの3,300円(税込)で、外線電話1番号、外線同時通話2ch、内線2番号が導入できる点も魅力の一つです。低コストで電話業務を円滑に進められる体制が整うだけでなく、スマートフォンにアプリをインストールするだけで利用できる手軽さから、高い導入実績を誇っています。

 

既存端末を有効に活用できるクラウドPBXを取り入れましょう

既存スマートフォンやPCを有効活用したいと考えている企業を中心として、クラウドPBXの導入は年々進んでいます。自社の導入目的を明確にしたうえで、複数あるサービスの機能・料金を比較し、自社にとってスムーズに業務遂行できるサービスを慎重に選んでいきましょう。

 

コスト面・機能面で優れたクラウドPBXを導入したいと考えている方は、ぜひ「トビラフォンCloud」をご検討ください。新たに機器を設置する必要が一切なく負担が少なくすむため、まずは気軽に無料トライアルをお試しください。

 

トビラフォンCloudのお問い合わせはこちら

SNSでもご購読できます。